SIMロック 解除

SIMロック解除が向く人・向かない人

最近はスマートフォンの通信量を安くするために、simロック解除という方法があります。これは通信のためのsimカードを差すことで、安い通信事業者での通信サービスを受けられるということで非常に注目されています。

ただ、これが向く人と向かない人がいます。
まず、向く人はある程度スマートフォンやsimロック解除というものがどういうものか分かっている人です。このような人であれば、狩りに通信の際に何かトラブルがあっても自分で対応できるため、そこまで重要なサポートなどは必要ありません。simロック解除をしたのであれば、キャリアとのサポートなどもなくなり、もし困ったことが起きても自分で何とかするしかありません。自己責任ですが、サポートが充実していないため非常に安くなっているのです。

もう一つは、安いのだからしょうがないと機能を割り切れる人です。simロック解除後にsimカードを差してもうまく安定して通信できるかどうかは、その人の環境次第です。というのも、まだこのsimカードは全国的なものとは言い難いので、それなりに通信が難しい場合も出てくるでしょう。また、速度制限などもキャリアスマホよりも厳しい場合が多いので、そのようなことも把握した上で使える人のほうがいいものです。

また、都会に住んでいる人のほうが向いている傾向はあります。というのも、離島や山間部などでは一部通信手段としてのsimカードに対応していないところもあります。ある程度人口がある都市部に住んでいるのであれば、普段の行動範囲ではカバーできることは多いでしょう。一方、人口が少ない離島や山間部ではやはり通信速度も遅くなりがちですし、対応エリアとしては少し離れているケースもあります。

また、たくさん通信をするという人には向かないケースもあります。sim回線によっては一定以上使うことで速度制限がかかるようになっているものもありますので、なるだけWi-Fiなどを利用してsimでの通信量を落とせるのであれば、問題はありません。

SIMロック解除のメリットとデメリットは?

simロックを解除したばあい、いくつかの問題点があります。
そのひとつが海外での通信ができない、ということでしょう。
大手三大キャリアの場合は、海外での通信も可能になっています。これは大手三大キャリアが世界各国の通信会社との連携を行っているため、通信料はそれなりにかかるものの、メールや通話ができる、というものです。

一方、これがsimロックを解除し三大キャリアとの通信契約を解除したものであれば、自分たちで何とかするしかありません。この場合、いくつかの方法があります。
ひとつはsimロックを解除した端末を持って行く際、海外にも対応しているモバイルインターネットができるモバイルWi-Fiルーターやデータ通信端末を持っていくというものです。この場合は、その契約している通信プランなどによっても対応している国や地域、また通信量にいくらかの差がでます。それでも、年に1回程度の渡航であれば、この程度で十分でしょう。

もう一つはその国に対応しているsimを購入することです。これは日本にもあるのですが、期間限定で通信できるsimカードが空港やその国の家電量販店などで販売しているので、simカードを差して利用するというものです。もちろん種類や設定方法は様々なものがありますから、simロックを解除し自分で設定をする必要があります。
また、もし行く国や期間が決まっているのであれば、日本でこのsimカードを購入して準備していくことも可能です。この期間は、5日だったり1周間だったりと、そのカードの性能や種類によっても違います。ただ、ある程度それなりの期間いるのではなく短期の観光旅行などの場合は、そこまで意識しなくてもいいでしょう。

simロックがない端末ならではの良さとして、このように通信手段を色々と選べるということがあります。こうすることで、世界的にも通話やメールなどが日本にいるのと同じように使えるので、とても便利になっています。